【FF14】絶アルテマウェポン破壊作戦用シンク装備ギアセット【IL375/IL500↑】

絶アルテマウェポン破壊作戦におけるアイテムレベルシンクを考慮した装備の組み方、参考ギアセットを紹介する記事。

patch6.0で実施されたダメージ関連のデノミネーション適用後の内容となります。patch6.4以降にマンダウィルウェポン強化&調理品ILが上がると再調整要となり、環境が変わるたびEtroを使い微調整すると都度最適化できるでしょう。
【FF14】絶バハムート討滅戦用シンク装備ギアセット【IL345/IL470↑】
絶バハムート討滅戦で使えるシンク装備の参考ギアセットを紹介。アイテムレベルシンクの仕様やサブステチェック方法、調理品&薬の選び方なども簡単に解説しています。
【FF14】絶アレキサンダー討滅戦用シンク装備ギアセット【IL475/IL595↑】
絶アレキサンダー討滅戦で使えるシンク装備の参考ギアセットを紹介。アイテムレベルシンクの仕様やサブステチェック方法、調理品&薬の選び方なども簡単に解説しています。
【FF14】絶竜詩戦争用シンク装備サブステ一覧表【IL600~605】
絶竜詩戦争を攻略する人向けのILシンク装備サブステ一覧表。各ジョブの参考ギアセットも掲載しています。

アイテムレベルシンクの仕様

  絶アルテマウェポン/各部位サブステ上限値
武器 136
82
131
82
131
82
65

通常装備についているサブステは「高ステ>低ステ」のように2種類サブステ数値が設定されています。アイテムシンクレベルを超えた装備はマテリア無効となってしまいますが、低ステ側の数値も上限に達することができるなら、シンクレベル装備にマテリアを差すよりサブステ総合値を高められると覚えておくと良いです。

絶アルテマウェポン破壊作戦/IL375シンクで両方サブステが上限値になるのがIL500以上の装備となり、特殊な調整を求めない限りIL375装備を用意する必要はないでしょう。
スポンサーリンク

シンク後ステータスの確認方法

絶バハムート討滅戦はLv70/IL375制限となり、ギアセットが組めたら次元の狭間オメガ零式:アルファ編2層に突入することでシンクステータスの確認が可能です。

左上の歯車マークから、制限解除→下限アイテムレベルでの参加を忘れずにチェックして下さい。レベルシンク状態での参加はチェックを入れなくてもレベルシンクが適用されます。

調理品を使用しつつマイキャラクターでサブステータスの実数値を確認、用が済んだらコンテンツファインダー→退出で問題ありません。

制限解除で突入した場合、退出を選んでも30分ペナルティは発生しないので安心して下さい。尚、1日に100回以上CF申請をした際にはCF突入制限がかかってしまうケースがあります。

 

飯&薬の上限値

絶の緩和要素として、調理品のIL上昇は特に恩恵が大きいです。サブステは基本効果上限に達している(調理品ILにより上昇上限が異なる)と思いますが、メインステータスであるVIT(HP)ステ上昇の上限は高いことが主な要因になります。

パッチ更新されるたびに調理品追加→HPが確実に上がるため、現行攻略時に耐えるのが難しかったダメージをある程度受けられるようになる。

薬は幻薬G3以上を使えばメインステータス上限値で効果を発揮するので、現行薬が高価なら用意して節約すると良いでしょう。面倒であれば薬&飯は現行品で問題ありません。

スポンサーリンク

レジスタンスウェポンについて

4つのサブステを好きな数値で調整可能なレジスタンスウェポン(RW/レリック)がシンク装備最強武器となります。

暁月実装のマンダウィルウェポン(MW/レリック)も将来的にサブステ振分が可能になると予想されていますので、振れるサブステ合計値が更に伸びることも踏まえ作成強化しておくと良いでしょう。

 

 

各ジョブシンク装備ギアセット

基本的にはクリ&意思を最優先とし、DPSならクリ&DHも考慮しつつIL500以上の装備を使いギアセット構築するだけです。手元に該当するサブステ装備がない場合は、マーケットボードで旧装備を探して購入するのが手っ取り早いでしょう。

タンク&ヒーラーは基礎サブステにDHがありませんが、IL375装備に天眼のハイマテリジャを差してもダメージ期待値の上積みが望みにくいので用意する必要性は薄いです。

レジスタンスウェポンで余ってしまった数値は、SSを始めとした普段振る余裕のないサブステに回すことを前提としています。SS(GCD)を上げたくないが振分ポイントが余る、ということであれば振らない選択も自由。
スポンサーリンク

ディフェンダー

  • GCD2.42:頭手足から1部位をクリ&SS、他クリ&意思。
  • GCD2.45:全てクリ&意思。
どうしてもGCD2.50で回したいのであれば、GCD2.45セット武器サブステSSを0にする→不屈に135振ると一番無駄が少なくなります。

 

スレイヤー(竜騎士・リーパー)

  • GCD2.50(竜騎士):首指をクリ&DH、他クリ意思。
  • GCD2.50(リーパー):武器首をクリ&DH、他クリ意思。

竜騎士セットは武器サブステをSS7振り→GCD2.49変更、SS35振り→GCD2.48変更へ調整可。

リーパーはレジスタンスウェポンが存在しないので、SS調整しようとすると無駄値が出て大きくステが落ちこむことからGCD2.50推奨。
スポンサーリンク

ストライカー(侍・モンク)

  • GCD2.14(侍):首をクリ&DH、頭手足から2部位クリ&SS、他クリ&意思。
  • GCD1.94(モンク):頭手足耳腕をクリ&SS、指を意思&SS、首をクリ&DH。
Lv80以上の使用感となるべく変わらないようGCD調整しています。該当サブステ装備の選択肢が少ないため、自分のスキル回しや装備都合に合うよう自力構築した方が良いかも知れません。

 

スカウト(忍者)

  • GCD2.12:胴or脚をクリ&DH、他クリ&意思。
武器サブステのSSは0で問題なし。Lv70シンク条件ではギア構築が簡単な上に、プレイフィールもLv80以上と変わらず。
スポンサーリンク

レンジャー

  • GCD2.50:脚をクリ&DH、他クリ&意思。
GCD2.50セットは武器サブステのSSは0を基本として
SS7振り→GCD2.49
SS35振り→GCD2.48
SS63振り→GCD2.47
へ調整可。不足ポイントはDHを削って回す。

 

キャスター

  • GCD2.50(赤/召):アクセから3部位クリ&DH、他クリ&意思。
  • GCD2.19(黒):アクセを意思&SS、胴or脚をDH&意思、他DH&SS。
GCD2.50セットは武器サブステのSSは0を基本として
SS7振り→GCD2.49
SS35振り→GCD2.48
SS63振り→GCD2.47
へ調整可。不足ポイントはDHを削って回す。
スポンサーリンク

ヒーラー

  • GCD2.45:全部位クリ&意思。
  • GCD2.43:アクセ1部位をクリ&SS、他クリ&意思。
  • GCD2.32:アクセ全てクリ&SS、他クリ&意思。
  • GCD2.50(賢者):全てクリ&意思。
  • GCD2.43(賢者):アクセから3部位をクリ&SS、他クリ&意思。
賢者はレジスタンスウェポンが存在しないので、SS調整せずに最大ヒール量とダメージを取れるGCD2.50推奨、プレイフィールを重視するなら若干ステを落としてGCD2.43。他ギアセットは白学占で好きなGCDから選択。

コメント

タイトルとURLをコピーしました